婚礼~ 湊川神社の神前挙式 ~

  1. TOP
  2. 婚礼
  3. 神前挙式

神前挙式

由緒ある湊川神社で挙式が行われます。

湊川神社御祭神 楠木正成公は、忠義と正義を以って生涯を貫かれ、夫人は正成公の遺志に従ってお子様を養育され、一族一門を守られた方です。又、お二人は大変仲睦まじく、夫婦の鑑と称されました。夫人は、摂杜甘南備神社として祀られていましたが、戦後は本殿に正成公と共にお祀りされています。
よって、縁結びの神様としてこの神前で挙式を望まれる方が多く、毎年多くの方が大前に誓いをたてられます。
尚、当神社神前での挙式は、神戸で最初の神前式で、明治42年よりずっと続いています。

見どころが数え切れないほどあります。

約8千坪の敷地内には、大楠公が御一族と「七生報国」を誓われた「殉節地」、大楠公御墓所「嗚呼忠臣楠子之墓」をはじめ、大楠公ゆかりの宝物が展示されている「宝物殿」、本格的能楽の殿堂である「神能殿」など他にも沢山の見どころがあります。

ページトップへ

神殿紹介

本殿、儀式殿の2カ所からお選びいただけます。

本殿

挙式は境内に鳴り響く大太鼓の音を合図に、神主、巫女に先導された媒酌人、新郎、新婦、ご両家親族、ご友人の列が緑あざやかな境内の中をご本殿へと進みます。
一歩一歩本殿に向かうにつれて、緊張感が二人をつつみます。
本殿内は友人も100名迄参列できますので、一緒に祝福の輪に入ってもらう事ができます。
御本殿は、自分達が式を挙げた神社の神前で、挙式後も初詣・お宮参り・七五三等、家族でお詣りができ、ずっと神様とつながりを持つ事が出来るので、挙式をお考えの方には大変人気の高い式場となっております。

ご利用人数 媒酌人新郎新婦他 親族40名、友人100名まで

儀式殿

館内にある儀式殿です。 親族40名迄参列できます。
御本殿挙式は概ね午後よりの挙式となりますが、儀式殿は午前中より挙式を行う事が出来ますので、披露宴を昼食時にお考えの方には大変好評です。

ご利用人数 媒酌人新郎新婦他 親族40名まで

ページトップへ

挙式次第

本殿挙式はこのように進行します。(天の儀 式次第)

次第 解説 イメージ
一、参進の儀(道楽) 雅楽の調べの中、本殿まで行列で進みます。 参進の儀
修祓
三献の儀
誓の詞奏上
新郎・新婦玉串拝礼
親族代表玉串拝礼
神楽「浦安の舞」
親子親族盃の儀
五色の祝福
二、修祓 式の前に、おはらいを受け、清めます。
三、斎主祝詞奏上 斎主が神様に、お二人の結婚のことを申し上げ、今後の幸福を祈ります。
四、三献の儀 神前に供えたお神酒を、新郎新婦が酌み交わし、夫婦のちぎりを結びます。
五、指輪の儀 新郎新婦が、互いに指輪を交換します。
六、誓の詞奏上 新郎新婦が誓いを神様にたてます。
七、新郎・新婦玉串拝礼 二拝二拍手一拝の作法で神様にお参りします。
八、媒酌人又は親族代表玉串拝礼 媒酌人が玉串を奉り、一緒に親族・友人も拝礼します。媒酌人をたてられない場合は、御両家の親族代表が玉串を奉ります。
九、神楽奉奏(浦安の舞) おめでたい浦安の舞(鈴舞)を巫女が舞います。
十、親子親族盃の儀 両家一同でお神酒をいただき、親族の固めを行ないます。
十一、斎主挨拶 斎主が結婚の儀の終了を告げ、ふたりに祝福の言葉を贈ります。
十二、一同退下 行列をなして、御本殿から退出します。
十三、五色の祝福 ご参列の皆様の祝福の中、赤い絨毯の上をお進みいただきます。
  • 実際の本殿挙式を見学しよう!
  • photogenic of 楠公会館
  • スタッフ紹介
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 湊川神社
  • 078-371-0005

Copyright (C) 2012 Minatogawa Shrine. All Rights Reserved.