本社社殿(拝殿部分)漆塗り工事について

令和4年に湊川神社が御鎮座150年を迎えるにあたり、篤志家の御奉納により本社社殿(拝殿)御床、欄干に、新たに拭漆(漆を塗る技法のひとつ)を施します。また御簾、帳も新調致しますので、一新される殿内にご期待下さい。

施工期間 令和3年7月13日~9月10日

【漆について】

工事では本漆を使用しています。拝殿外への漆成分の影響は少ないですが、漆アレルギーのご心配がある方は、ご参拝をお控え下さい。

日曜祝日には工事が休みですので、本殿で御祈祷を行いますが、特に8月18日~9月4日の拭漆期間中、漆のアレルギーが不安な方はお申し出下さい。(場合によっては、祈祷殿にてご祈祷を奉斎いたします。)付き添いのご家族の方で不安な方は、拝殿外でご参列頂くか、ご参列されず待合にてお待ち下さい。

【御祈祷の変更について】

月曜~土曜(祝日を除く)の御祈祷は、本社社殿東側の祈祷殿で行います。

日曜、祝日および8月8~15日は工事が休みですので御祈祷は、本社社殿内の外拝殿(石畳の場所)で仮の斎場を鋪設して行います。

③3万円以上ご奉納の場合の特別神楽奉奏は、スペースの都合上お受けできません。

※祈祷殿、外拝殿ともに、従来の本殿での斎行時よりも、スペースが狭く、一回の御祈祷にご案内できる家族数が少なくなります。お申し込み時の混雑具合により、1回~2回待ちの可能性もございます。一回の御祈祷の所要時間は20~30分です

※平日、日曜祝日共に、10時半~11時半頃が混合う時間ですので、分散参拝にご協力下さい。

一覧へ