境内での営利撮影のお断り

近年、初宮詣や七五三詣の際にプロカメラマンを同行して撮影されるご家族が増えて参りました。
そこで、当社といたしまして、これに関しての指針を取りまとめ、祈祷者に限り撮影を容認する旨、ホームページ等でお知らせしております。

ところが最近、七五三詣等の衣装を着用するものの、祈祷や参拝もなく、境内でプロカメラマンによる営利撮影だけを行うケースが多々見受けられる様になってきました。

もとより、神社の境内は祭祀を行い参拝者が祈りを捧げる聖域であり、公園等の公共施設ではありません。
従いまして、神域の尊厳護持と秩序維持の為、祈祷や参拝を行わないでの営利撮影は、境内のいかなる場所においても堅くお断りいたします。

また、婚礼衣装等を着用しての撮影や、動物や物品の撮影、その他宣伝等の為などの、あらゆる営利撮影もご遠慮いただいております。

尚、プロカメラマンを同行して祈祷を受けられる方には、祈祷受付時に「撮影許可証」をお渡ししております。撮影時は必ず携行していただきますようお願い致します。お宮参り・七五三などにおける出張カメラマンについてはQ&Aページの Q5をご参照下さい。許可証無く、境内に於いて営利撮影を行うことは堅くお断りいたします。

皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

一覧へ